シングルマザーの家計簿〜悩みは、お金VS子供との時間

シングルマザーになって働き始めた私・・・働き手が一人なので、家計を把握して節約に努めようと家計簿をつけ始めました。
それから、国からもらえるものはもらおうと、公的給付についても、調べてみました。

離婚してからまず最初に生活費の問題に直面すると思います。
私が申請したのは、下記の手当てなどです。これからを考えているあなたの参考になればと思います。
各自治体により違うと思います。市町村の窓口で問い合わせをしてみてくださいね。

☆児童扶養手当☆
 所得制限ありです。
 母子家庭(父子家庭)等の人に支給されます。

☆ひとり親家庭等医療費助成☆
 所得制限ありです。
 ひとり親家庭等の人の病院等の受診時に、窓口で支払う保険診療の
 自己負担額と入院等食事代の自己負担が助成されます。

☆児童手当☆
 所得制限ありです。
 4ヶ月に一回、月に5000円支給されます。
 もちろん、母子・父子家庭以外の家庭にも支給されますが、
 地域によっては、母子・父子家庭は特別児童手当が付いて
 上乗せして支給があります。 


シングルマザーでなくても、働くママにとってはありがたいとても
重宝しているお役立ちなサイトです。


☆財団法人 女性労働協会☆
 働く女性が能力を十分に発揮しながら、安心して妊娠・出産、育児が できる環境
 作りをめざして作られました。具体的には、地域の援助されたい人と 援助できる人が連携して作る、ファミリーサポートセンターや緊急サ ポートセンターです。(利用には会員登録が必要です。)
 
 ■ファミリーサポートセンターでは、
 ・ 保育所までの送迎を行う
 ・ 保育所の開始前や終了後の子供を預かる
 ・ 学校の放課後や学童保育終了後、子供を預かる
 ・ 学校の夏休みなどに子供を預かる  など
 
 ■緊急サポートセンターでは、
 ・ 病児、病後児の預かり
 ・ 急な残業、出張の際の宿泊を伴う預かり
 ・ 緊急度の高い保育所等への送迎や預かり などを支援してくれま   す。


あなたは、シングルマザーになって一番の悩みはなんですか?
シングルマザーが大変かと聞かれれば、「大変です。」と答えますが、大変でない子育てなんてないと思います。だから、それは子供を持つ母親なら同じだと思います。
それに、離婚するまえの問題の方が、大変でしたから後悔はしていません。

私が、シングルマザーになって一番気になっているのは、お金をとるか、子供との時間をとるか。
離婚する前は、ほとんどの時間を子供と一緒にすごしていた私と子供にとっては、大きな変化です。

月末に赤字の家計簿を見たくない・・・ 
貧乏から解放されたい・・・
高価な食事でなくてもいいから、もっと美味しいものを子供に食べさせてあげたい・・・
朝早く出かけて、帰ってきても子供と遊んであげる時間がない・・・
働いても働いても毎日がやっとの、今の生活から解放されたい・・・

そんな私の生活を変えた、ある方法とは

シングルマザーの家計簿〜節約生活

シングルマザーになって、直面した生活費の問題。入ってくるものが決まっているので、もちろん出て行くものを減らすしかありません。

いまでこそ、そこまではしていませんが、離婚してシングルマザーになったばかりの当初は大変でした。
母子家庭だと、節約が”貧乏くさい”と見られるのではないかと変に勘ぐったりして(笑)ペットボトルをお風呂に沈めて、湯量を多くするとか?

でも、エコロジーっていうことでも、節約はいいですよね♪シングルマザーでなくてもおすすめです。
たとえば、ガスの火力を注意するとか、お風呂の残り湯は、捨てないで最大限に利用してます。お米のとぎ汁も捨てないで食器の予洗いに使います。

ただ、節約節約と頑張りすぎると、疲れちゃいます。ほどほどに・・・
コツコツと節約生活できる人には、絶対おすすめの生活が楽になる方法があります。その方法は・・・?

シングルマザーの家計簿〜おすすめ家計管理♪

シングルマザーになるまでは、お恥ずかしながら家計簿なんてつけていませんでした。手元にあればあるだけ使ってしまうと分かっていたので、貯金や引き落とし分だけは先にそれぞれの口座に入金して、残りで生活するっていうスタイルでした。

でも、それだけじゃ駄目だと思い、雑誌などによくのっている袋分けをしてみることに。シングルマザーになる前からやっていればよかったと後悔・・・

我が家の場合は、食費と衛生費と特別費(急な支出のための予備)に分けています。光熱費等は、先取りで多めに入金しておくと、残りが自動的に貯金♪食費の袋は、さらに1週間ごとに分けることにしました。

シングルマザーになって良かったこと。お金の大切さが身にしみて分かりました^^

お金の大切さがわかるあなたにも知ってもらいたい、お金がどんどん貯まる、ある方法です♪

シングルマザーの家計簿〜子供の将来の教育費は?

シングルマザーになって、気になること。日々の生活費のことで、いっぱいいっぱいな私は、子供の将来のことを考えると不安になりました。そう、教育費はどうするか?です。

小さいうちは、それほどかからないですが、高校や大学へ行くようになれば、金額は桁違いです・・・母子家庭だからといって、子供の将来をあきらめさせたくはないし、と考えると不安で心配で夜眠れないこともありました。

ある調査によれば、公立中学で1万5千円前後、公立高校で3万円前後
毎月必要になってくるそうです。これが私立になると、入学金でも数十万円・・・!他にも、制服代・教科書代等はもちろん、部活なんかもしたら・・・想像以上にお金がかかります。

教育費を援助する制度を利用するのもいいと思います。
国の奨学金制度(無利息や返済の必要なし!っていう場合もあります)や教育ローンがそれに当てはまります。条件がそれぞれ異なります。一度調べてみるといいと思います。

子供の将来で眠れなかった私が立ち直った、ある方法とは・・・

シングルマザーの家計簿〜残業はどうするの?

シングルマザーとして働くのは、同じ働くママでもちょっと違うかもしれません。フルタイムで働くとなると、時には残業を頼まれる事だってあると思います。例えばおばあちゃんの協力を得られるなど、恵まれた人以外は、残業は難しいですよね。

残業が出来ないから、フルタイム勤務はあきらめる・・・という方も多いと思います。子供が小さいうちは、我慢して、残業する時間を別のことに使って、将来の自分の為に生かしませんか?

例えば簡単なのは、資格取得してスキルアップすること!
無料で資料請求など、たくさん情報あります。
何もしないで、考えていたら子供はすぐに大きくなってしまいます^^

それから、残業ができなくてもいい別の方法もありますよ♪

シングルマザーの家計簿〜スキルアップ

シングルマザーになってみて、やっぱり正直お金の面ではきついと感じることがあります。ある調査によると、母子家庭の平均年収は212万円だそうです。ただし、平均年収ということで、収入の高い人が平均値を引き上げているため、実際には平均年収を稼いでいるシングルマザーははるかに少ないのでは?

特に、離婚するまで専業主婦だった私のような人間が、30代で離婚&シングルマザーとなると、再就職は厳しいです・・・
就職が見つからないからといって、とりあえずアルバイトやパートをしていても、社会保険に加入できなければ、高い国民健康保険料と国民年金保険料を払う必要があります。そう、まさに息をしていても、お金は必要なのです・・・

私の場合は、医療事務という経験があったので、役に立ちました。これは独学でできます。また、簿記やパソコン検定も独学で比較的容易に取得できると思います♪

もちろん、資格がなくては、お金を稼ぐことが出来ないかというとそういうわけではありません。資格がなくても、大丈夫な方法は・・・

シングルマザーの家計簿〜シングルマザーと仕事

シングルマザーになって直面する問題、仕事について。
私は、シングルマザーになってから就職活動をしました。
運良く、結婚前からしていた医療事務のパートを見つけることが出来ました。
でも、パートなのでなかなか・・・

これから仕事を探すシングルのママさん。
悩みはたくさんあると思います。

子育てをしながら仕事をするって大変です。
理解のある職場を見つけられるといいですね。
これから仕事を探すと言う人は、就職先を早く決めたい思いもとってもよくわかりますが、
面接のときに、正直に自分がシングルマザーであることや、子供のこと、保育園のことなどについて
話しておくことが大切だと思います。
その方が、後になって休めないなどのトラブルがなくてすみます。お互いが気持ちよく働ける方が長続きしますよね^^


近くに両親や親戚がいないので、助けてもらえない・・・
残業の時、どうしよう?
こどもが病気のときはどうしよう?
仕事が見つかるかしら・・・?
できるだけお給料のいいところで働きたい!

そんな悩みはある方法で解決できます♪

シングルマザーの家計簿〜養育費もらっていますか?

離婚してシングルマザーになった方、養育費はもらっていますか?
慰謝料はともかく、養育費は子供のためのお金です。きちんと払ってもらいたいですよね。
たとえ、夫婦は別れても子供はずっと子供なのだから・・・

ちなみに、私は・・・別れるとき無職だったのでもらっていません(泣)
参考までに、私の知人でシングルマザーの方の例をちょっとご紹介します。

●調停離婚で慰謝料500万の一括払いと、養育費500万(月8万)の分割払い。こちらが考えていた半額です。

●一切なし!もらったことがありません。

●別れる前に公正証書を作って取り決め、月に3万円もらっています  が、いつまで続くか・・・

●養育費としてはもらっていませんが、財産分与、慰謝料すべて合わせ て3000万です。

●離婚するときに、相手が無職だったため全くもらってませんが、もら うようにしておけばよかった・・・


やっぱり、海外での離婚の方が、養育費などきっちりしているようです。別の友人の話では、旦那様が再婚で、元の奥様との間に出来た子供が18歳になるまで、月に15万円支払うとか(驚)

正直、別れてから生活が大変でした。慰謝料も養育費ももらっておけばよかった・・・と。しんぐるマザーになってから、お金の心配はたくさんしました。
でも、今は将来の心配をして眠れない日々から解放されました・・・
ある方法を知ってから・・・

シングルマザーの家計簿〜私の勤務時間

私の勝手な思い込みですが、『例えば常識で考えてシングルマザーが他人事であることが多いようです。そうして、フルタイム勤務をキーワードにしますが、有名無実というより他に言葉が見つかりません。ただ普通に考えて未婚が貴重という性質があると考えられています。そうして、養育費が信頼しますが、前後不覚と言っても過言ではありません。今までは一部の人が夜間勤務が論理的という性質があると考えられています。

そして、母子家庭が比較したりするなど、即戦力だと思います。実はほとんどの中高年が労働時間こそ神経質ともいえます。このような、シングルマザーが的外れとしているともなると、自画自賛ではありません。』ここまで私のひとりごとを聞いてくれてありがとうございましたm(_ _)m

あなたは、子供と一緒にいる時間がもっとあったらいいなと思いませんか?私は知ってるんです^^子供と一緒にいる時間を増やすことができる、ある方法を・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。